向いているタイプ

医療事務は「病院の顔」とも言える仕事ですから、ちょっとした心遣いが出来る人が向いています。

医療事務には人間性も重要

医療事務は医師や看護師よりも先に患者さんに会う仕事なので、「医療事務は病院の顔」といっても過言ではなく、その責任は重大です。

ですから、患者さんに対して無愛想で冷たい態度しかとれない人には、医療事務の仕事には向いていないかもしれません。

大切なのは「思いやり」

医療事務の仕事をする上では「患者さんの身になって物事を考えられるかどうか」ということが大切で、「医療事務は接客業である」という意識を持ちながら、患者さんに対して行動しなければなりません。

例えば、医療事務では診察行為をしてはいけませんが、具合が悪そうな患者さんに声をかけたり、椅子の所まで案内したりするなど、ちょっとした心遣いができる人は、この仕事に向いているでしょう。

医療機関には色々な患者さんが来院しますので、患者さんの様子を見たり話を聞いたりして、自分で判断出来ない場合には看護師に伝えるなど、そのつど的確な対応をしなくてはいけません。

そして、帰り際には「お大事に」と明るい笑顔で言えること。「自分が患者だったらどうしてもらいたいか?」を常に考え、思いやりの心で行動できることが医療事務には必要です。

細かい作業が苦にならないことも重要

また、医療事務のレセプト業務は毎月締め切りが決められているので、細かい作業を正確に迅速にこなす能力も求められます。

会計業務やレセプト作成はお金が関係してきますから、当然ミスは許されません。

ですから、細かい作業が苦にならず、何か疑問があれば積極的に調べて解決し、日々勉強や努力を惜しまない向上心のある方が医療事務には向いていると言えるでしょう。

次ページ: 勤務・雇用形態

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。