教育訓練給付制度

教育訓練給付制度は、最大10万円が支給される教育制度のことで、利用するためには一定の条件があります。

教育訓練給付制度を利用しよう

教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たした方が厚生労働大臣の指定する講座を受講して修了した場合、修了時点までに支払った学費の20%(上限10万円)がハローワークから支給される制度のことです。

対象となるのは、医療事務、ホームヘルパー、経理事務など専門性の高い講座で、雇用保険の一般被保険者(主に民間企業に勤務し、雇用保険を支払っている者)であることが受給資格となります。

ただし、一般被保険者といっても次のような条件を満たしていなければ、この制度は利用出来ませんので注意してください。

教育訓練給付制度を利用するための条件

教育訓練給付制度を利用するためには、以下に挙げる条件のいずれかを満たしている必要があります。

1.被保険者になってから1年以上同じ会社で働いている又は働いていた方で、今まで教育訓練給付制度を利用したことがない。

2.被保険者になってから3年以上同じ会社で働いている又は働いていた方で、教育訓練給付制度を利用したことはあるが、それから3年以上経過している。

3.転職をしたことがあるが、通算3年以上働いており、離職期間は1年以内である。

また、妊娠、出産、育児、疾病、負傷などの理由により教育訓練を受けることができない場合、一般被保険者でなくなった日から1年以内にその旨を公共職業安定所長へ申し出て許可されれば、最長4年まで延長されます。

もし、教育訓練給付制度を利用したいのであれば、その旨を受講する講座や教室にあらかじめ申し出ておきましょう。それを忘れると手続きが出来ない場合があるので要注意です。

また、医療事務の講座でも全てが対象となるわけではありませんので、教育訓練給付制度を利用したい場合は、給付対象となっている講座を探すようにしましょう

次ページ: 母子家庭自立支援教育訓練給付金とは

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。