医療事務の資格について

就職に資格は必須ではありませんが、資格を持っている方が就職に有利となっています。

就職に資格は必須ではないが・・・

医療事務の資格は、全て国家資格ではなく民間資格です。

日本医療事務協会をはじめとして色々な団体が医療事務関連の検定試験を主催していますが、すべて民間の資格です。

医療事務は医師免許や看護師免許のような国家資格ではないので、医師や看護師のように、資格がなければ医療事務の仕事に就けないということはありませんし、採用後に働きながら資格を取ることも可能です。

しかし最近では、採用する医療機関側が、全くの初心者よりも既に資格を持っている(=医療事務に関する知識を持っている)応募者を優先的に雇うようになっています。

また、応募する側も資格取得者、もしくは医療事務経験者が増えているため、未経験者がこれから医療事務の仕事を目指すのであれば、医療事務の資格を持っていることが大前提になってきているのです。

資格の種類と受験者の傾向

医療事務の資格試験には、(財)日本医療保険事務協会が主催する「認定試験」と、その他の各団体が主催する「検定試験」の2種類があります。

中でも日本医療保険事務協会は厚生労働省が唯一認定した財団法人で、この協会が実施する「診療報酬請求事務能力認定試験」は難易度が高く、「医療事務技能審査試験」「医療事務管理士技能認定試験」などいった検定試験に合格した後に目指す人が多いようです。

医療事務の資格試験は、年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できますが、専門性の高い分野ですので、ほとんどの方が大学や専門学校、通信講座などで試験勉強をしており、独学だけで受験される方はあまり多くないようです。

次ページ: 医科のおすすめ資格

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。