再診受付業務

再診受付業務は、通院中の患者さんの受付です。初診受付とは少し業務が異なります。

初診と再診では手続きが変わります

再診(再来)受付とは、通院している患者さんの受付のことです。

最近では再来自動受付機で再来受付を行う病院もあるそうですが、基本的には医療事務が診察券を受け取り、来院登録を行います。そして、前回の来院日と月が変わっている場合は、保険証の再提示を求めます

なぜ保険証の再提示が必要かというと、医療機関では毎月正しいレセプトを作成するため、月に一度保険情報に変更がないかを確認しなければなりません。

保険の種類だけでなく、会社名の変更なども要チェック。この保険証の再確認を怠ったり確認においてミスがあると、会計やレセプト業務に影響が出てきて大変なことになります。患者さんにも多大な迷惑をかけるので、くれぐれも慎重に確認しましょう。

また、再来の患者さんでも初めて受診する診療科であれば、新しいカルテを作成したり、診察券の再発行も行います。

それ以外の部分においては、初診受付業務と大きく変わることはありません。なるべく笑顔を絶やさず、患者さんの不安を取り除いてあげられるような接客が求められます。

次ページ: カルテ管理業務

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。