レセプト業務

レセプト業務は、診療報酬明細書を作成し、診療報酬を請求する業務です。

医療事務の主な仕事

レセプト業務とは、診療報酬明細書(レセプト)を作成し、診療報酬を請求する仕事です。

医療機関の収入に関わる大変重要な仕事で、医療事務が最も活躍するのは、このレセプト業務だといえるでしょう。

会計業務』のページでも説明しましたが、患者さんが支払うのは、加入している保険で負担割合が決められている、診療費の一部でしかありません。

その残り分を保険組合に請求するため、医療事務は月末ごとにその月の全患者さんのレセプトを作成するのです。

このレセプトの数は、大病院になればなるほど膨大です。例えコンピューターで処理していても、打ち込みミスがないかを改めてチェックしなくてはいけません。

医療事務スタッフと医師による確認が終わると、保険者提出先の指定した形式のレセプトの仕分けをし、レセプトの合計を記入した診療報酬請求書を作成、提出します。

これらの細かい作業を毎月7~10日間で終わらせなくてはいけないのですから、かなり根気のいる仕事です。

万が一、レセプト業務において記載漏れや記載ミスがあると、審査支払機関からそのレセプトが戻ってきてしまいます(返戻)。

返戻となった場合はミスを訂正して再提出しないと病院に診療費が支払われませんし、返戻が多ければ多いほど作業負担が大きくなります。

どの業務も「ミスが許されない仕事」ではありますが、病院の収入に直結するレセプト業務は、より正確さが求められる重要な仕事だと言えるでしょう。

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。