調剤薬局事務の資格

調剤薬局のおすすめ資格ランキングです。

調剤薬局の資格 おすすめランキング

調剤薬局の医療事務を目指す方におすすめする資格試験を紹介します。

1.調剤事務管理士技能認定試験

技能認定振興協会が実施している試験で、調剤薬局における処方箋の受付や調剤報酬の算定に関する能力を試験します。

受験資格は特になく、年6回実施。試験には実技と学科があり、合格者には「調剤事務管理士」の称号が与えられます。

医療事務の「医療事務管理士技能認定試験」と同じように、ユーキャンの通信講座(調剤薬局事務講座)を終了することで在宅受験することが可能になるのも特徴です。

→ ユーキャンなら「調剤事務管理士」が在宅受験出来ます!

2.調剤報酬請求事務専門士検定試験

(株)日本医療総合支援評議会が実施し、薬剤に関する知識をもち、薬剤師を補助できる「調剤報酬請求事務専門士」を認定します。

1~3級があり、3級は在宅受験、2級は在宅受験も可。試験は実技と学科で、受験資格はありません。

3.調剤情報実務能力認定試験

旧調剤情報実務能力検定試験2級に該当し、内閣府認証特定非営利活動法人である医療福祉情報実務能力協会が実施します。

難易度の高い試験であるため、合格すれば薬局運営のスペシャリストとして認められ、独立・開業の道も開けます。

受験資格はありません。年3回実施され、在宅試験で実技と学科があります。

次ページ: 教育訓練給付制度

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。