調剤薬局(調剤事務)

調剤事務は薬局での医療事務を指しますが、医療事務とは別に資格が設けられています。

調剤事務とは

薬局での医療事務は「調剤事務」と呼ばれており、厳密には医療事務とは別の職業となります。

医療事務とは別に「調剤事務」の資格もありますから、調剤事務の仕事を目指す場合はこちらの資格取得を目指すとよいでしょう。

医療事務同様、資格がなくても働く事は出来ますが、資格を持っていた方が就職は有利ですし、今後のスキルアップを考えるのであれば、調剤事務の資格を取得しておく事をおすすめします。

年々増える院外処方

以前は、受診した病院で直接薬をもらう「院内処方」が一般的でしたが、現在はコスト削減などの理由で病院内に薬局を置かない病院が多くなり、患者さんは自宅近くの薬局でも薬を受けとることができる「院外処方」が主流になっています。

院外処方では、病院で処置料と処方せん料を支払い、薬局で調剤基本料や調剤料などを支払う仕組みになっています。

そして、薬局での会計も病院と同じように点数による計算方法になるため、ここでも医療事務が必要になってきます。

調剤事務の業務にはもちろん受付やレセプト作成などもありますが、調剤報酬事務が主な仕事になります。

調剤報酬事務の中には、医師からの処方せんに不自然な点があれば薬剤師に報告するという重要な役割も含まれており、病院や診療所に比べると薬に対する知識が求められます。

調剤薬局は今後ますます増える傾向にあるので、調剤事務の需要も増加していくでしょう。

調剤事務の資格取得を目指すなら

調剤事務の資格は、通信講座や通学講座で勉強することで取得できます。

調剤事務の資格を取得しておくと、専門的な診療科だけでなくあらゆる病気に関する知識も得られるので、就職にも有利です。

実際の現場では医療事務の資格を持った方が働いていることも多いですが、調剤事務のスペシャリストを目指すのであれば、調剤事務の資格取得を目指した方がよいでしょう。

ユーキャンの調剤薬局事務講座ac

次ページ: 介護施設(介護事務)

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。