勤務・雇用形態

仕事の内容は大きく変わりませんが、仕事の進め方や雇用形態は医療機関ごとに異なります。

医療事務で働くには

医療事務で働くには、専門学校や通信講座などで資格を取得した後、派遣会社に登録したり、求人情報を調べて就職活動をする方法があります。

医療事務の雇用形態としては「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート」といった形態があり、医療機関の規模などによって使い分けられています。

1.全員を正社員で雇う
診療所やクリニックに多くみられる雇用形態です。

2.正社員を数名雇い、不足分を派遣社員・パートとして雇う
最も一般的な雇用形態で、私立病院に多くみられます。

3.正社員を数名雇い、残りを医療事務の業者に委託する
公立病院に比較的多い雇用形態です。

仕事の進め方は医療機関ごとに異なります

医療事務の主な仕事である点数計算の方法は全国一律なので、どの医療機関でも仕事そのものにはそれほど違いはありません。
しかし、病院と言っても規模は様々であり、それによって仕事の進め方には大きな差が出てきます。

例えば、総合病院のような大病院の場合は仕事内容が細分化されているため、限られた仕事に集中できる代わりに1つ1つの仕事量が膨大です。
また、外来担当や入院担当というように、担当を決められる場合が多いので、同じ医療事務でも担当する場所によって忙しさが違ってきます。

一方、診療所などの小規模な医療機関では、少ない人数であらゆる仕事をこなさなければなりませんが、病院全体の仕事量は少ないですし、患者さんとの密接な触れ合いもあります。
また、入院施設のない場合は入院費の計算をする必要もありません。

このような特徴を踏まえた上で、自分はどのような現場で働きたいのかを考えましょう。

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。