カルテ管理業務

カルテ管理業務は、患者さんのカルテを管理する仕事です。

カルテ管理は医療事務の日常業務

カルテ管理業務とは、その名の通り「患者さんのカルテを管理する仕事」で、医療事務員にとっては日常業務といえる仕事です。

カルテには、患者さんの保険証や診察の内容が記入されています。
カルテに記入するのは医師の仕事と思っている方も多いかもしれませんが、患者さんの生年月日や住所、保険証の記載内容の入力作業などは医療事務が行います。

初診受付で作成した患者さんのカルテ表紙をセットして専用のカルテを作成しますし、再診の場合は、カルテのある棚から該当するカルテを探して医師に渡します。
カルテは医師が診察する際に必要となりますから、診察を待っている患者さんのためにも素早く作業することが求められます。

最近は電子カルテを導入してコンピュータ管理をしている病院もありますが、手書きカルテの場合はそのつど探して取り出す必要があります。その際の貸し出し管理も、医療事務の大切な仕事になります。

例えば、診察が終わったらカルテを回収し、それを基に患者さんの会計などを行い、カルテを元の位置へ戻しますが、この時にカルテを戻す位置を間違えてしまうと、次回なかなかカルテが見つからなくなってしまいますから、正確にカルテを戻す作業が重要になってきます。

このように、カルテ管理における収納・管理は徹底しなければなりません。月に1度の保険証確認と合わせて、ミスのないよう注意しながら仕事をする必要があるのです。

次ページ: 会計業務

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。