医療事務とは

医療事務の仕事は、医療の現場で医師と看護師をサポートし、患者さんとのパイプ役をすることです。

医療の現場に欠かせない業務

医療事務の仕事は、医療の現場で医師と看護師をサポートし、患者さんとのパイプ役をする業務です。

病院・診療所・調剤薬局など、働く場所によって仕事内容が異なる場合もありますが、基本的な業務にはおよそ次のようなものがあります。

1.受付

来院した患者さんが、最初に立ち寄るのが受付です。
その受付で保険証を確認したり、初診や再診の手続きをしたり、診察券を発行したりします。

2.病棟クラーク

患者さんの入退院の受付・管理、診療内容のデータ入力の他、看護師の事務作業の補助を行うこともあります。

3.カルテ管理

患者さんの情報や保険証などをカルテに記入し、きちんと整理して再診の時には迅速に出し入れできるようにします。
最近は電子カルテとしてコンピュータで管理している病院も増えていますので、パソコンの基本的な操作が求められることもあります。

4.会計

診察や治療が終った患者さんの医療費を、患者さんが加入している医療保険によって算出し、請求します。

5.診療報酬請求書の作成

患者さんは、負担率に応じて受診にかかった費用の一部のみを支払っていますので、残りの費用について診療報酬明細書(レセプト)を作成し、患者さんが加入している社会保険又は国民健康保険に診療費を請求します。

 
このように、医療事務は医療機関の経営面を支えると同時に、来院した患者さんと最初に接する医療機関の「窓口」としての役割も担っている、大変やりがいのある仕事なのです。

次ページ: 医療事務が人気の理由

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。