歯科のおすすめ資格

歯科系のおすすめ資格ランキングです。

医療事務の資格 おすすめランキング(歯科編)

歯科の医療事務(歯科助手)では、医療事務の知識だけでなく歯科に関する専門知識も必要です。しかし、歯科の医療事務に限定した資格はなく、医科の医療事務と同じ試験で「歯科」を選択するという形になります。

ただし、歯科の医療事務では受付業務だけでなく歯科助手を兼ねるところが多いので、通信・通学講座で勉強する際は歯科助手向けの講座を受けた方がよいでしょう。

1.医療事務管理士技能認定試験(歯科)

(株)技能認定振興協会が実施している資格試験。

医科と歯科に分かれており、合格者には「歯科 医療事務管理士」の称号が付与されます。受験資格は特になし。実技(レセプト作成)と学科があり、年6回実施。

難易度が比較的低い割に就職に結びつきやすく、またユーキャンの通信講座(歯科助手コース)を修了すると在宅受験が出来ることから、これから歯科助手を目指す方に特に人気のある資格です。

→ ユーキャンなら「歯科 医療事務管理士」が在宅受験出来ます!

2.医療事務技能審査試験(歯科)

(財)日本医療教育財団が実施している、業界最大規模の試験。

1級・2級があります。実技と学科があり、1級は年3回、2級は年12回実施。

合格者には「メディカルクラーク」の称号を付与しており、30年余りの実績から多くの医療機関において採用の際の評価基準とされていますが、受験するためには指定の通信講座(ニチイなど)や通学コースを終了している必要があるので注意しましょう。

→ ニチイの通信・通学講座修了で受験可能!

3.診療報酬請求事務能力認定試験(歯科)

(財)日本医療保険事務協会が実施している資格試験。

受験資格は不問で年2回実施、実技と学科があります。

厚生労働省が認定する唯一の資格であり、歯科系の医療事務資格の中で最も難易度も高いと言われています。

取得できれば就職にはかなり有利になりますが、合格率3割(歯科は4割)前後と厳しい件のため、「医療事務管理士」や「メディカルクラーク」の資格を取って就職し、その後働きながら取得を目指す事をおすすめします。

次ページ: 調剤薬局事務の資格

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。