歯科医院(歯科助手)

歯科での医療事務職は「歯科助手」とも呼ばれ、医師の助手的役割も仕事の一つです。

歯科・歯科クリニックの医療事務は「歯科助手」とも呼ばれます

歯科や歯科クリニックの医療事務は、病院や医療機関での医療事務とは仕事内容・資格が少々変わってきます。

仕事内容としては、受付・診療予約の管理・保険証の確認や診察券発行・カルテやレセプトの作成・診察室への案内・会計といった業務だけでなく、歯科医師や歯科衛生士のサポートも行うのが特徴です。

そのため、「歯科助手」とも呼ばれています。

医師の助手的役割も仕事の一つ

歯科では他の医療機関に比べて自由診療の割合が高いですが、やはり保険医療が収入の大部分を占めています。
ですから、歯科の医療事務でも、患者さんの診療内容をミスのないようにカルテで管理し、レセプトを作成・点検することが重要な業務になります。

しかし、歯科助手が通常の医療事務と違うのは、医療事務の一般的業務の他に、歯科医師や歯科衛生士の補助的な業務を行う点です。

もちろん歯科助手は診療行為はできませんが、医師に器具を手渡したり洗浄したり、歯石を取ったり、虫歯予防のブラッシング指導をしたりするなど、医師の助手的な役割が求められます。

資格も「医科」「歯科」で分かれているケースも

医科と歯科では診療内容も専門用語も違いますし、歯科には保険適用治療に一部の自費治療を行う「選定療養」という治療もあるので、レセプトの作成がより複雑です。

そのため、いくつかある医療事務の資格の中でも、レセプト作成に関する資格試験については「医科」「歯科」で分けているケースがほとんどです。

特に人気・信頼度共に高い「診療報酬請求事務能力検定」「医療事務管理士」の両方とも医科・歯科で分かれており、これらの資格取得を目指す通信教育・通学講座もコースが分かれていますので、歯科助手を目指すのであれば歯科のコースを受講するようにしましょう。

次ページ: 調剤薬局(調剤事務)

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。