病棟クラーク業務

病棟クラークは、病棟スタッフの管理をし、医師・看護師と患者の間に立つ重要な業務です。

病棟全体の管理も医療事務の業務

病棟クラークとは、総合病院などの病棟内ナースステーションに常駐し、看護師を中心とした病棟スタッフのスケジュール管理、入退院の手続き、食事・点滴・投薬の伝票管理などを行う仕事です。

医師や看護師と、入院する患者さんの間に立ってスムーズに医療行為ができるようにアシストしなければならないため、病棟クラークの仕事には医学用語の基礎知識や医療事務能力も必要とされます。

病棟クラークでは、入院する患者さんだけでなく医師や看護師とも密接なコミュニケーションを図り、様々なケアをします。

具体的な仕事内容として、「入退院の手続き」「食事・物品の手配」「電話の対応」「入院患者さんの診察準備」「手術や検査のスケジュール管理」「カルテ管理」までかなり多岐にわたっています。

また、患者さんのご家族とも接する機会があるので、細やかな気配りも求められます。

このように病棟クラークは大変多忙ですが、やりがいもある仕事です。

医療事務は資格がなくても働けますが、特に病棟クラークは専門的な知識が求められるため、やはり医療事務関連の資格保持者や経験者が望まれているようです。

そのため、専門学校などでは「クラークコース」という専門コースを設けているところもあり、医療事務の知識だけではなく患者さんの心理的なことも勉強できるようになっています。

次ページ: レセプト業務

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。