会計業務

会計業務は、患者さんが支払う診療費を計算・徴収する業務です。

会計業務は医療事務の知識が必要

会計業務とは、診療を終えた患者さんのカルテを読み取り、患者さんの負担分の計算をして診療費を徴収する仕事です。医療事務の専門知識が生かされる重要な仕事です。

患者さんが支払う診療費は、患者さんが加入している医療保険によって変わります。

例えば国民健康保険加入者は医療費3割負担ですから、カルテに記入された診察・治療・投薬などの諸費用から70%減の金額を患者さんに請求することになります。

他にも、患者さんによっては社会保険や後期高齢者保険、介護保険などの適用もありますので、それらを間違いのないように算出しなければならないのです。

会計業務には「点数」が使われています

病院で渡されるレシートを見るとわかると思いますが、医療機関での会計業務では「点数」を使った特殊な方法で算出しています。

この「点数」は医療行為に応じて決められており、医師がカルテに記入した診察や検査、注射の種類、薬の分量などを医療事務のスタッフが全て点数で書き直し、その点数を金額に換算して患者さんに請求するのです。

最近はコンピュータが点数や金額の算出まで自動にしてくれるようになりましたが、入力の際にカルテを正確に読み取らなくてはならないという点は同じです。
過剰請求などがあると病院の信用問題になりますから、絶対にミスのないように何度もチェックします。

一方で、いくら計算が正確でも時間がかかってしまっては、窓口が混雑してしまいます。

患者さんにとって病院での待ち時間は苦痛なものであるということを忘れず、事務処理は必要な限り迅速にするように心がけましょう。

次ページ: 病棟クラーク業務

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。