医療事務になろう!

医療事務はその名の通り、病院などの医療機関の事務を行う仕事です。

医療事務の魅力は色々ありますが、
「就職先が医療系なので、好不況にあまり影響されず雇用が安定している」
「自分のライフスタイルに合わせて勤務形態が選べる」

などが挙げられます。

これらの点から医療事務は女性を中心に人気を集めており、求人に対する競争率も上がってきてしまいました。
それに加えて、一般企業と違って医学的な専門知識が求められるため、即戦力として期待できる経験者が優先的に採用されます。

未経験者が採用されるためには、知識を持っていることを示すために『資格』を取ることが必須になってきているのです。

資格取得には通信教育・通学講座がおすすめ

『医療事務』と一口に言っても、医療機関で働く場合・歯科で働く場合・調剤薬局で働く場合で取得すべき資格が異なってきます。

当然、どの資格取得を目指すのかで勉強する内容が変わってきますが、専門的な内容が多い上にほとんどの試験でレセプト作成の実技があるため、医薬系の予備知識がない方には難易度の高い試験となっています。

医療事務関連の資格取得者の大半は通信教育・通学講座で勉強しており、問題集を使っての独学だけで合格を目指すのはなかなか難しいようです。ですから、これから資格取得を目指すのであれば、通信教育や通学講座で効率よく勉強する事をおすすめします。

代表的なところで「ユーキャン」「がくぶん」「ヒューマンアカデミー」「資格の大原」などが挙げられますが、それぞれコース内容や目指す資格が違っていますので、まずは各社から資料を取り寄せて、比較検討してみましょう。

ユーキャンの通信講座医療事務 通信講座 人気No.1!
ユーキャン

医療事務の資格を取るなら、「ユーキャンの医療事務講座」がおすすめ。
1日30分の学習で医療事務の現場で必要な知識が得られるうえ、就職に有利な「医療事務管理士」の試験を在宅受験可能です。

ヒューマンアカデミーの通信講座医療事務 通学講座 人気No.1!
ヒューマンアカデミー

通学講座でしっかり学びたい!という方には「ヒューマンアカデミー」がおすすめ。
各資格ごとに学習コースが用意されていますので、まずは資料請求を行って自分の受けたいコースを探してみましょう!

医療事務は何が違う?

医療事務と一般企業の事務では、仕事内容や求められるスキルが大きく違います。

「医療機関での受付や電話応対」「患者さんの案内」「カルテの管理」といった業務に加えて、「診療費や薬剤などの料金計算」「保険組合へのレセプトの発行」などを行う必要があります。
その際、診察内容や薬をすべて保険点数になおし、またそれを金額になおして患者さんの会計を算定する作業が必要になりますので、専門知識が不可欠です。

医療事務も特に資格がなければ働けないというわけではありませんが、業務上やはりそういった専門知識が必須ですので、就職には資格や経験が大きく影響します。

また、医療事務は一般事務と比べると給料が高いといわれていますが、平均するとそれほど大差はないようです。
医療事務の給料は、勤務形態や地域、資格・経験の有無にもよりますが、パートや派遣で時給850~1500円、正社員の初任給で15~20万円といったところが多いようです。

医療事務は専門性が高く、しかも接客サービス的なことから事務作業的なことまで幅広くこなしているわりには、給料が少ないと思われるかもしれません。しかし、勤務時間の融通が利くことや、退職後も短期で働けたり、医療機関をかけもちしたりすることも可能という大きなメリットがあります。

そのため、毎日フルタイムで働く事が難しい方や、プライベートを重視した生活を希望する方に人気があるのです。

当サイトでは、医療事務の基礎知識や資格の種類・勉強の方法などを紹介しています。当サイトが、皆様のお役に立てましたら幸いです。

Copyright © Since 2004  医療事務になろう!  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。